所十三の「恐竜漫画描いてます」

アクセスカウンタ

zoom RSS 恐竜の夏到来!  『AL』単行本2巻も発売中!!

<<   作成日時 : 2010/07/17 11:19   >>

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 14

そろそろ梅雨も明けて、いよいよ今年も恐竜の夏が始まります。

ボクが少し関わらせて頂いてる、佐賀県武雄市の県立宇宙科学館「ゆめぎんが」の角竜展も今日から開催。

現地入りは、8月21日(トークショー&サイン会は22日)になるので、レポートは、ちょっと先になってしまいますが、ご興味のある方は、公式ホームページ等で調べてみて下さい。




画像

佐賀県立宇宙科学館「ゆめぎんが」の特別展で日本初公開の新種角竜ディアブロケラトプス




角竜…と言えば、日本橋三越でも、この28日からトリケラトプスの全身骨格(東京農大の前にある進化研の標本)をメダマに、小規模な恐竜展が開催されるようですね。


古生代から新生代にかけて、様々な化石が展示されるようですから、正確には、「恐竜展」ではなく「古生物展」もしくは「化石展」と言った方が良いでしょうか。





画像

『AL』単行本第3巻カバー見本です。

ちょっと誤解を招きそうな画像ですね。先日発売された第2巻の表紙ではありませんので、悪しからず。






ボクは明日から福井入り。

開館10周年でリニューアルした県立恐竜博物館で現在開催中の特別展『アジア恐竜時代の幕開け―巨大恐竜の進化ー』を見に行きます。

来日中の董枝明先生や東特別館長にも久しぶりに御挨拶できそうです。

恐竜造形家の徳川君のブログ「ふらぎ雑記帳」で、早くも展示物が紹介されていましたが、見逃せない標本がいっぱい!

恐竜倶楽部の仲間十数名は、今日、出発しましたが、ボクは仕事の都合上、明日現地で合流する予定。

この取材のレポートは…ここで二日使うとスケジュールキツくなっちゃうから、これまたちょっと先になりそうです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
ディアブロケラトプスと聞いて第一印象は、まずゲームのモンスターハンターのディアブロスかと思ってしまいました。

ボクも明日 福井に行ってきます
所さんに会えることを楽しみにしてます
腹ペコREX クボッタ
2010/07/17 13:52
アル第2巻はもちろん発売日に購入しています。
前トピックではスレ違いと思い記しませんでしたが。
またトピック違いですがK−1さんのおかげで今年はテレビ東京を見逃さずにすみました。ありがとうございます。若年齢層向けの番組でしたし、新しい情報はなかったけけれど結構面白かった。小池英子さん恐竜番組に似合いますね。
さあ、販売中の宝くじ、当たったらどっちに行く、福井、六本木、それとも佐賀。あ、大阪もまだやってますね。

カブ君の一族は皮下脂肪のつきやすい群なんですね。うう、(T_T)内の一族みたい。

今晩9時のヒスチャンも楽しみ。
Boxかめさん
2010/07/17 17:47
いや〜、第3巻のカバーをみれるだけで眼福眼福!!
僕も、腹ぺこさんと同じで、ディアブロスかと・・・・
そういえば、ヤフーニュースでこんなんありました〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100717-00000749-yom-sci
ディアブロスとはこんな感じになります
http://f.hatena.ne.jp/jyamil/20060213115956
僕も、いけれたら福井にはいってみたいです
3巻は、いつ頃発売になるのか、楽しみです!!
ナルガクルガ
2010/07/18 19:04
ご存じでしょうが、なんとトリケラトプスはトロサウルスの亜成体だったという発表が!
ALではこの説についてどう解釈されるのですかね。
ちなみに私としてはまだ?の段階ですね。両者のフリルは大きさだけでなく形態もはたしてトリケラ型からトロ型になるのかなというくらい異なって見えますし、成体しか発見されていない化石はいくらでもありますから。
ただしトロはホリドウス以外のトリケラなのかもとも思いましたが。
ちなみにこの説が採用されると、有効なのは先に命名されたトリケラと成体の名であるトロとどちらになるのでしょうか?
古生物大好き
2010/07/19 19:09
先日来福されていたとは!!
お客様多数で、、、先生が来ていたとは知らず大変残念です。
実は、携わっているスタッフルームには、先生の書いたコミックを勉強用においてあります。スタッフ一同、またの来福お待ちしております!
特別展スタッフ
2010/07/19 21:52
福井の夏はいかがでしたか?
>古生物大好きさん
トロがトリケラの成体という説、トロのフリルの穴はどう解釈するのでしょうか?
あとから穴が開くのですか?
ピカイア
2010/07/19 22:08
お久しぶりです。
いきなり大ニュースが飛び込んできましたね。
どうやらこの件はホーナー氏も絡んでいるとか。
彼はドラコレックスとパキケファロサウルスも同種の成長差と主張していましたが、
行方の気になる話題です。
カワタカ
2010/07/20 08:43
>ピカイアさん

他のサイトでもその点でこの説を疑問視する意見があります。相当大型のトリケラでも穴が開く途上の個体は見られませんしね。

私が疑問的なのは、贔屓をしてはいけないとは思いますが未成体の個体に対して付けられた属名であるトリケラトプスは無効名!などという事態になって欲しくないという願望にも依るのですけどね。
古生物大好き
2010/07/20 18:12
>腹ペコREX クボッタくん

福井では、ゆっくり話す時間が無くて残念でした。

時間に余裕ができたら恐竜倶楽部の例会に参加して下さい。


>Boxかめさん

あ、失礼!ご購読有り難うございます!!

ボクの家系も省エネタイプの蓄積型です(笑)。


>ナルガクルガさん

三巻は…普通の進行だったら九月、他の作品が前で詰まってたりすると十月…でしょうか?

今度、担当さんに確かめます。
所 十三
2010/07/20 18:46
>古生物大好きさん
>ピカイアさん
>カワタカさん

その一件は、水上さんのホームページ「恐竜の楽園」のトピックで知りました。

ボクも、その説にはかなり懐疑的です。

やはりホーナーさんが唱えた「ドラコレクスはパキケファロサウルスの亜成体」…という仮説同様、サイズ的に無理があるように思います。(雌雄の差…というならまだわかりますが…)

それよりなにより、派生形質であるはずの「孔の無いフリル」に、原始的な形質であるフリルの孔が、成長するにしたがって発生するなんて、ちょっと考えられません。

フリルの小さなプロトケラトプス類でさえ亜成体のうちからフリルに孔は空いていますし…。

ホーナーさんが発表した「成長に従って変化する角の形」は、明らかに原始的な形から派生的な形に変貌しています。

無効名を見つける(作る?)のが好きだったグレゴリー・ポールさん(デイノニクスをヴェロキラプトル属に含めようとしたことが有名ですが…)がこのところ宗旨替えして、ギラファティタン(元ブラキオサウルス・ブランカイ)やらマンテリサウルス(元イグアノドン・アザーフィールデンシス…その前はイグアノドン・マンテリ)やら、やたら新しい属名を主張し始めてることに対するアンチテーゼでしょうか?

ポールさんは、喧嘩友達のバッカーさんの愛弟子だし…(笑)。

論文を読んだわけではないので断定はしませんけど、今のところ、支持の得られる仮説だとは思えないんですけど…ねぇ…。
所 十三
2010/07/20 19:28
>特別展スタッフの皆様

恐竜博物館では、すばらしい標本を見せて頂いてありがとうございました。

ボクの作品が少しでもお役に立っているなら幸せです。

また伺う機会もあるかと思いますので、宜しくお願いします。

それにしても「来福」という言葉は、福が来そうで縁起が良いですね(笑)。
所 十三
2010/07/21 01:45
はじめまして!私は漫画が大好きで、新規開拓をしたいと思いチャンピオンを購入して、1ヶ月程前に先生の「AL」に出会いました。
恐竜には何の興味もなく30年以上生きてきましたが、今は恐竜に夢中です。ユタシリーズも買いました。そして更に恐竜のことが気になって仕方ないので、昨日初めて上野の科学博物館に行きました。
ALに出会ったおかげです。ありがとうございます。
先生のブログをすべて読んでからコメントしようと思ってたのですが、昨日ジサマとALと牙王のお友達(?)に会ってしまったので興奮して書いてしまいました。
古本で漫画を買うのはとても嫌なのですが、「DINO2」も絶対手にいれます!
これからもがんばってください!大好きです!
長々とすみませんでした。
ようこ
2010/08/01 18:48
ようこさん

嬉しいコメントを有り難うございます。

恐竜は、本当にいろんな楽しみ方が出来ますからね。
ドップリつかるも良し、足湯ていどに抑えておくも良し…ですが、半身浴でゆっくり楽しむのが、お薦め…かな?(笑)。

ボクのブログを全て読む…って、ちょっと大変じゃありません?(汗)。

わかり辛い点も多々あるかと思いますから、何かご質問などありましたら、気軽にして下さいね。
所 十三
2010/08/04 10:55
お盆に、念願の「ゆめぎんがの恐竜展〜トリケラトプスの世界〜」に出かけてきました!

「ゆめぎんが」では、標本を展示するスペースの制限があり、標本数自体は少なかったかもしれませんが、同時代の角竜以外の種については、ミニチュア版の骨格模型と頭蓋骨(または体の一部)標本をセットで展示することで、展示スペースの節約と標本としての情報量を両立される工夫がされているところが、良かったと思いますし、角竜をはじめ恐竜たちの当時の生態・食生活などにまで深く突っ込んだ内容の深い展示内容になっていたのが、斬新な点だと思います。
さらに、所先生のイラスト・漫画展示が、当時の恐竜達の生活の様子を、観客に視覚的にイメージさせ、展示標本に感情移入させるだけの、大きな情報量で訴える効果があったと思います。(これがあったからこそ、今まで観てきた恐竜展の中では、一番楽しくて充実した恐竜展となりました。)
さらに、あの「ラプトルとプロトケラトプス格闘化石」が拝見できたので、テンション上がりまくりです。

実は、「プロトケラトプス」好きなんです。「AL」の中でも、体やフリルが小さく角が短い小さい個体のほうが、体やフリルが大きく角の大きな個体に比べて、戦闘において身軽で小回りが利き、優勢な点が多く観られる描写がありましたね。
もしかすると、角のない「プロトケラトプス」は、小型〜中型獣脚類を想定する敵とした場合、生存競争に強く、進化の過程としての形態ではなく、あれである意味完成された最強進化形態の可能性の一つだったのではないかと思う時があります。
今後、トリケラトプス類との比較研究がされていくのが楽しみですね。

武雄温泉駅も綺麗に改装されていて、観光案内所も充実し、帰りに入った武雄温泉も最高でした!

今回の旅は、私にとって「完全燃焼できた最高の旅」となりました!
龍の夢見る鳥
2010/08/15 10:26
恐竜の夏到来!  『AL』単行本2巻も発売中!! 所十三の「恐竜漫画描いてます」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる