所十三の「恐竜漫画描いてます」

アクセスカウンタ

zoom RSS …ってことで、第三話も…

<<   作成日時 : 2011/05/23 02:09   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 3

今回の「拘り」どころは、コレまた「どうでもいい」ニイニイゼミ…でしょうか。

この物語は夏いっぱいかかりそうな感じなので、物語序盤のこの段階では真夏よりちょい前くらい?…と考えました。

…ということで、一般的によく使われる真夏のミンミンゼミではなく、もうちょっと前から鳴き始めるニイニイゼミを選択。

ちょっと翅の模様が複雑で描きにくいんですが、この蝉を使う事で「夏の物語の始まり」…を印象づけようとしました。

そんな意図に気づかれた方がいらっしゃったとしたら奇跡みたいな「拘り」ですけど…ね(笑)。


ニイニイゼミの声を「ニィー」ではなく「シィー」にしたのは、ボクの耳にはそう聞こえるから…という単純な理由です。

まぁ、間近で聞くと「ニィー」とも聞こえないこともないんですが、空気感を出すとしたら「シィィィィィ」かな?…と。

蝉が鳴いてる時って、少し羽を広げて胴体を微妙に反らせてたように記憶してたので、そんな感じに描いてみました。


このニイニイゼミから始まる誠さんと天羽くんのタンデムシーンは、ページ数を気にする相方から、コマの縮小あるいは次回に回す…という提案もあったんですが、このシーンだけは、このコマの大きさで、この話の流れの中で描かせてくれ…とお願いしました。
 
相方に言わせると「佐木が強引に増ページを要求した…と思われたくない」…ということなのでハッキリ言っておきますね。ここは、所が主張しました。ページが増えてしまってすみません!


ちょっとページが戻りますが、設定変更のお知らせを…。真嶋商会の軽トラ…なんですが…実は前作では夏生さん、マツダの軽トラに乗ってたんです。

でも、その軽トラ…僅か写真一枚(しかもロングショット)だけを資料に描いてたので、今回、今後も登場するであろう此の軽トラの設定を思い切って一新しました。

1990年夏以前に生産されてる軽トラからなるべく資料の多い車種を……で、夏生さんはホンダの単車に乗ってるんで軽トラもホンダに…と。

この先も似たような事があるかもしれませんが大目に見てやって下さい。

前作で使ってた衣服の柄トーンが現在、絶版になってることも多いし…

あと、前作で相方から提供してもらった資料は、その後、佐木飛朗斗原作『永遠の詩』の資料として使うために全部返しちゃって、そのまま全部無くなっちゃった…ということで…(汗)。

メインキャラクターとか単車の設定とかは、前作を見ながら思い出すしかないんですよね。


画像
前回ご紹介したジミ・ヘンとか、上のカットみたいに、ボクが相方のリクエストに合わせて自分でデザインしたものは、なんとか残ってるんですが…。

…てなわけで、細かいところは見逃してやっておくんなさいまし!


あ…あと、夕方のつもりで描いた天羽くんのワン歩シーンに「真夜中」…ってネームが…。原作に無いシーンを付足ししたりすると時々あるんですよね…こういうこと…。

第三者的な目で見た相方が真夜中の絵に見えたんなら、それはそれで良いのかな?…ちょっと明る過ぎる気もするけど、ボク自身はこのコマの時間帯には、あんまり拘ってないんで…(笑)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
あの見開きのタンデムシーンはゾクゾクしましたよ!!

セリーの表情(((^-^)))

両先生には本当、お礼を申し上げますm(__)m

マンガでこんなにワクワク、ゾクゾクする事がもう何年もなかったのに…!

早く次が読みたいです(^0^)/

ところで、゛!?゛は無くなったのでしょうか?(´・ω・)

是非復活を!(笑)
ちくりん
2011/05/23 13:03
こういった裏話しを聞いたあとで改めて作品を拝見すると、すごく新鮮な感じで読むことができます。

両先生のそれぞれの意見の違いがあるのは当然でしょうが、お互いの妥協点(所先生が妥協されることが多そうですが…)を見つけながらの作業も本当に大変ですよね。
たいにー
2011/05/24 01:18
>ちくりんさん

有り難うございます。

以前も「!?」復活のリクエストがありましたっけね。

相方は、このブログをチェックしてるって言ってました
から、声は届くんじゃないかな?

まぁ最終的な判断は佐木さん次第ですね。


>たいにーさん

いえいえ、けっこう佐木さんもボクの意見は尊重してくれてるんですよ。「妥協」という言葉は嫌がりそうですけど…(笑)。

原作が届いたら、先ずかなり自由にアイデア入れたりテンポ変えさせて貰ったりします。大筋を変えたりはしませんけどね。
…それを佐木さんに返すと、今度は佐木さんがボクのネームに手を入れる。ここで彼の譲れない部分とか主張がハッキリして来るんです。

…で打ち合わせで細かい所を詰めていく。

…作画に入ってからも思いつきでアイデアを盛り込んだりしますが、ここでは打ち合わせの中で感じた原作者の意図をより的確に伝えるためのアイデア…ですね。

…結果、また打ち合わせとちょっと違う絵が出来上がることもあるし、出来上がった絵を見た佐木さんがその場で思いつくセリフがあったりもするので、最終的にその絵に合わせたネームを佐木さんが入れる。

…ここで良いネームが浮かんだり、先々の展開を思いつくような絵に仕上げられてるかどうかが作品全体の出来不出来をも左右するので作画担当の責任は重大…ってわけなんですよね。

頑張ります!



所 十三
2011/05/24 03:59
…ってことで、第三話も… 所十三の「恐竜漫画描いてます」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる