所十三の「恐竜漫画描いてます」

アクセスカウンタ

zoom RSS 原点に返って…(?)

<<   作成日時 : 2011/05/26 07:40   >>

驚いた ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 6

お約束してた『特攻の拓 Early Day's』のおさらい(?)…も一通り済んだので、久しぶりに恐竜の話題を…。

御報告が遅くなりましたが、実は先月、中国に行って来ました。

我が家にあった化石標本を中国の研究機関に寄付しようとしたら、思いのほかオオゴトになってしまって、贈呈式を北京で…とか、ついでに常州で開催されるシンポジウムにも…とか…。

中国古生物学会の重鎮…あの董枝名先生のお招きということもあり、こんな光栄な事も無い…と、上海から入って杭州、常州、北京…と、恐竜三昧の日々を過ごさせて頂きました。

かなり長いレポートになりそうなので今日は、簡単な予告編(?)を…。

画像
杭州の自然史博物館。中国屈指の自然史博物館だということです。



画像
常州の「中華恐竜園」…中国各地にある恐竜のテーマパークの一つですが、規模は世界各地にあるネズミやアヒルのテーマパークにも匹敵しそうです。


画像
面白かったのは、『竜の国のユタ』の世界観にも共通するキャラクターが其処彼処に…。『ユタ』で言えば鬪竜士…ってところでしょうか。


このテーマパークの面白い画像も沢山紹介したいと思います。


画像
古生代ペルム紀の地層と中生代三畳紀の地層の境界が観察出来る公園です。

こちらに併設された面白い博物館についてもレポートしたいと思います。


画像
贈呈式会場。


海外に流出した化石が寄付という形で戻って来る…という例があまり無かった…ということで歓迎して下さったようです。


この辺りの経緯も詳しくお話しましょうね。


6月3日(金)からは新宿のミネラルショー『東京国際ミネラルフェア』も始まりますし、7月には上野の国立博物館でメジャーどころを集めた恐竜展も開催されます。

福井県立恐竜博物館では、J・ホーナー先生監修…という、ちょっと臍曲りな恐竜好きには堪らない特別展もあります。あ、もちろんT-rexがメインですから、臍曲りじゃない恐竜好きもしっかり楽しめますよ(笑)。

佐賀県武雄市の「ゆめぎんが」で始まる獣脚類展には今年も伺う予定です。今のところ、7月31日と8月6日を予定してますが、確実な日程が決まりましたら、こちらのブログで御報告させて頂きます。

九州の皆さん、またお会いしましょう!


さぁて、そろそろ今年も恐竜モードに入ろうかな!…(笑)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
おぉ、恐竜関連で何やら物凄い事が起きてたんですね〜。
 
ミネラルショー辺りにテレビでこの事が取り上げられて先生の著書も紹介されたりだとか、
そのテーマパークの協賛キャラクターにユタやALが選ばれたりだとかしないですかねー。
七足
2011/05/26 08:46
凄いことになってたんですね(笑)。
縄文時代のくわがたにも驚きました(笑)。
ミント
2011/05/26 15:56
スゲー!

デカイ!!

日本もこういうのにもっとお金をかければ良いのに…

自分もノコギリクワガタにはびっくりしました(((^-^)))
ちくりん
2011/05/26 22:35
子供の頃から恐竜図鑑を観るたびに思ったことは、私にとって、「中国」といえば、「恐竜の化石がたくさん発掘される恐竜ファンにとって夢のような国」です!
そんな中国の恐竜関係のテーマパークや自然史博物館は、展示標本も豊富だったことでしょう。
私も驚いたのは、「竜の国のユタ」の世界からそのまま出てきたような「恐竜に乗った戦士」のオブジェです。もしかすると、「恐竜に乗った戦士」というネタは、世界中の恐竜好きには共通でウケる要素なのかもしれませんよ!
だとすると「竜の国のユタ」が、もし世界中で翻訳されて出版されたら、世界の恐竜ファンに受け入れられるかもしれませんね!

今夏も、佐賀県武雄市の「ゆめぎんが」で獣脚類展されるのですね。残念ながら所先生がイベントにいらっしゃる日には、行けそうにありませんが、もし、九州方面に今年も出かける用事があれば、一度のぞいて観たいですね。
龍の夢見る鳥
2011/05/29 10:15
久し振りにここに遊びに来ます。相変わらず元気に「古世界の住人」の常連をやってます。
今年の夏は、「新説・恐竜の成長」を楽しみにしてます。後、7月16日から名古屋市科学館で開催される「黄河大恐竜展」にも是非行きたいと思います。これからもよろしくお願いします。
羊(陸軍大将)
2011/05/31 12:14
>七足さん

中華恐竜園には、もうユタと似たようなキャラクターが居ました。またこちらのブログで画像も含めご紹介したいと思います。


>ミントさん

縄文時代のノコギリクワガタ。驚きましたよね。キチン質、恐るべし!


>ちくりんさん

全く同感です(笑)。…でも、中華恐竜園のような集客力は見込めないのも、日本の現実です。資本主義社会では無理でしょうねぇ…(涙)。


>龍の夢見る鳥さん

『ユタ』の世界観が、仮にハリウッドの技術力と宣伝力を以てして映像化されるようなことがあれば、かなりの支持を得られる自信はあるんですけどね(笑)。

「ゆめぎんが」、もし機会があれば覗いてやって下さい。


>羊(陸軍大将)さん

福井県立恐竜博物館のと特別展は、ロッキー自然史博物館門外不出の展示物も並ぶ…と聞いてますし、ホーナーワールドに期待大!…ですよね。

名古屋も実家に帰るついでに足を延ばしてみたいと考えてます。
所 十三
2011/06/16 14:42
原点に返って…(?) 所十三の「恐竜漫画描いてます」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる