所十三の「恐竜漫画描いてます」

アクセスカウンタ

zoom RSS 今さら…ですが…

<<   作成日時 : 2011/09/29 18:50   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 2

まさに「今更ながら…」…の話ですが、この夏、コミケ等で販売された『震災に負けるな!東日本project』のチャリティー同人誌にイラストを寄稿させて頂きました。


画像

こちらの本です。


『コミケ』…とか言うコトになると、もうボクなんか今や、まるで門外漢…って感じで…。

ロートルのアナログ漫画家にとっては、ちょっと勇気が必要な冒険でした(笑)。

いや、これでも大学時代にはサークルで、当時、規模を拡大しつつあった「コミックマーケット」に参加してたりしたんですよ。

『コミックマーケット準備会』なる組織の方に声をかけられて『コミケット・セレクション』と言う同人誌に寄稿させて頂いたことも、プロを目指すキッカケになったように思います。

画像

1983年…もう30年近く前に出版されたこんな同人誌です。ボクの他にも、その後プロになられた方の絵柄やお名前がチラホラ。

画像

当時のペンネームは、大学の先輩に頂いた(?)ニックネームと会員No.をくっつけただけの「所−03」。

プロになって03に10足して13にしました(笑)。

それにしても、なぜその準備会の方が声をかけて下さったのか、未だに謎なんですよね。





…で、話を戻しまして…と。

今回は一所懸命「同人誌」を意識した絵柄に…ちょっと「萌え系」を目指してみたんですが、どうでしょう?…あんまり変わんないかな?…(笑)。

画像


『ユタ』シリーズの世界観で、「自然の脅威」の象徴に見立てた恐竜を、ひとっ飛び乗り越えて行こう!…ってな感じです。

最初うっかりB-4サイズで描いてしまって、慌てて同人誌用にひとまわり小さく描き直したので、微妙に絵柄の違うB−4サイズのものは佐賀の恐竜展とかで原画をご覧になった方もいらっしゃるかと思います。




この同人誌、チャリティーの名のとおり、必要経費を除いた売り上げの全額が寄付される…とのこと。もちろん私たち寄稿者も原稿料など頂いておりませんのでご安心を…(笑)。

藤田和日郎先生や手代木史織先生、恐竜イラストでもお馴染み小田隆画伯も寄稿されてます。

同人誌の聖地として有名な「コミックとらのあな」さんでも扱っているそうなので、もし機会がありましたら是非!



末筆ながら、この同人誌を企画された、やまだえむ先生(「先生」とは絶対呼ばないよう言われたんですが…)に声をおかけ頂いたことに心よりの感謝を…。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
かわいい

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
イラストいいですね。とらのあな行ったら探してみようかと思います。
もしも次回恐竜漫画描く機会があったらこんな女の子主役に据えてみてはどうでしょう?
跳躍!タツ娘 とかやったら怒られそうですが。(笑)

そうそう、昨日9/30は始祖鳥命名からちょうど150周年とのことで恐竜博2011でもライブ解説がありました。会期の終盤にとっておきを出してくれた感じですね。

流れぶった切りで前々からの疑問をお尋ねしたいのですが、大型猛禽類になるとキツネすら狩るそうですがその場合とどめはどのような形でさすのでしょうか?
キツネともなれば体格も同等で死角の上空から襲うとしても反撃受ける可能性も高いかと思ったのですが?
K−1
2011/10/01 00:58
昔から絵がうまかったんですね
羨ましい限りです(^_^;)
夏の終わりに「コミケ」ならぬ「コミティア」の見学に行って来ました。来年辺り参戦するかも???知れません
ピカイア
2011/10/02 13:48
今さら…ですが… 所十三の「恐竜漫画描いてます」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる