さて、ツーソンですが…

去年は来れなかったので、2年ぶり…ということに…。





画像
ブラックヒルズ地質学研究所(BHI)のT-rex。招待状では、目玉商品的な扱いでしたが…


画像
見つかっているのは、上顎と下顎の一部…という感じで、特別目新しさは感じられませんでした。



画像
ライバルのトリケラトプスも、「新しい発表」…というわけではなさそうです。




さて、こちらは…

画像
ステゴサウルスのサラちゃん。

四足歩行が原則なのは間違い無いでしょうが、前半身と後半身のバランスから、二足立ちも充分可能であったと考えられています。


画像
なかなかの美人さんです。…いや、美男くんかもしれませんが…。


画像
データはこんな感じ。とても保存状態の良い標本だということがわかります。


有名な恐竜でありながら、その特徴である背中の大きな皮骨版の配列など、まだまだハッキリしない部分が沢山あります。

尻尾の先端のスパイクも、こんな化石の産状を見ると、一時期、新説として流行って、『DINODINO』でも採用した配列が正確だったのかどうか不安になってきます。