『ももクロ活字録』

最近はずっと自宅でネームを切っていたので、数日ぶりに仕事場に来たところ、白夜書房さんから今月30日(ボクの誕生日…笑)に発売される…小島和宏さん著『ももクロ活字録』…が届いていました。



画像
 こちら!…この本の口絵イラストを描かせて頂いただけでなく、山里さん、清野さんという錚々たる顔ぶれの中、インタビュー記事を載せて頂くという光栄に与りました。



昨日、次回作の打ち合わせも済んで、あと今月は白峰化石壁の集中調査に出かけるだけ…となってるので今夜早速読ませて頂こうかな。

パラパラっと見た感じで、れにさんにお会いする直前に下調べのつもりで本屋さんで立ち読みさせて頂いた雑誌の記事(すみません!)もたっぷり再掲載されているみたいで楽しみです。


エピソードごとに「BOUT #…」…と区切られてるのを見てちょっと嬉しくなりました。

実は、ボクがイラストの打ち合わせに白夜書房さんにお伺いした時、担当編集者さんが、ちょうどデザイナーさんと、この部分の打ち合わせをされてたんです。

週刊プロレスの記者でもあった小島さんやプロレスをイメージした『ももクロ』さんのライブ演出に合わせて、プロレスっぽく「第…試合」ってのはどうか?…とか、「…ラウンド」にしようか…という感じで…。

横で聞いていて、ふと、格闘技漫画を手掛けてた時よく聞いた「BOUT」という言葉を思い出して、お節介ながら提案させて頂いたんですよね。

どうやら採用して頂けたようで思わずニヤけてしまいました。

その時、持って行ったラフが…



画像
             …これです。



…だいたいのコンセプトは、編集さんからご提案頂いていたので、デザイナーさんからも一発でOKを頂き、五人の衣装を決めることに…。

この時点で一番近いところで、春の西武ドーム…ボクにとっても思い出の初参戦。有り難いことに「あの空へ向かって」もセットリストにある…ってことで。

この曲のラストポーズを選んだのは、五人が遠近無しで集まってくれてる…ってことと、路上ライブ当時から歌われてる曲なのでメンバーの成長を描くのにも象徴的な意味を持つような気がして、ボクから提案させて頂きました。

実際この時舞ってなかった紙吹雪はメンバーと小島さんが同じ空間に居るって感じを出したり……の幻影的な演出です。

しおりんのピースが西武ドームの時は、ボクが見た資料とは左右逆なんですよね。

あと、この時の衣装そのままリアルに描くと翼がメンバーの顔に被っちゃうんで大きさや角度を調整することに…

画像
          …で、下描きで直しつつ…



…完成したものが…



画像
           …こちらになります。 



ペンライトの一本を青にしようかと思っていたら編集さんからもっと良い提案があり、その案を頂くことにしました。よりわかりやすく、かつ、さりげなくなって良かったかと思います。

提案する人がいて、それを描く者がいて、デザインを担う方がいる…口絵一枚にしても、アイディアを出し合いながらのチームプレイなんですよね。

この仕事に携われたことは、「モノノフ見習い」として光栄でもあり、良い思い出にもなりました。

お声かけ下さった小島さんと白夜書房さんに心から感謝!!…です。



ついでに、モノノフの先輩方の援護射撃のおかげで参戦出来たと思われる日産スタジアムの画像も感謝を込めて…

画像



画像


何度見ても、何処で見ても、美しくも胸躍る光景です。もう全ての皆様に…本当にありがとうございました!!