テーマ:まんが

◆COMIC恐竜物語(1)刊行のお知らせ◆

2013年1月8日、ポプラ社より「COMIC恐竜物語(1) アロサウルスのいた時代」が刊行されます。 「DINO2」に加筆修正し、真鍋真先生にご監修頂きました。 二巻以降、順次刊行の予定です。 よろしくお願い致します。 http://www.amazon.co.jp/COMIC%E6%81%90%E7%AB%9C…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ご無沙汰してます。

最近、新しくしたパソコンが、使いこなせてません。 仕事明けの今日は、チーフに教えてもらうことも出来ず四苦八苦してます。 えっと…これは新装版17巻のカバーになるのかな?  さて、現在、大阪大学の総合学術博物館で開催中の特別展『巨大ワニと恐竜の世界』で、5月3日に予定されているワークショップ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

アパトサウルスの足元

今回は、頂いたコメントにお応えする形で画像を追加 前に記事で紹介済みのアパトサウルスに関するデータです。 やはりモリソン層ですね。この標本はワイオミング産ですが、ユタやコロラドにもまたがる地層です。 アロサウルス、ケラトサウルス、トルボサウルス、アパトサウルス(旧ブロントザウルス)ディプロドクス、ステゴサウ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

ツーソン取材から無事戻りました

2日の夜、成田に…。 帰りのSQ(シンガポール航空)11便。エアバスのA-380は機体全体が二階建て(?)の巨大な飛行機でした。 3日の早朝、時差ボケを利用して早めに仕事を始めようと、まだ暗いうちに仕事場へ…。 FAXで届いているはずの原作を確認したら、なんとインクカートリッジが切れててプリントアウ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

もうすぐツーソンミネラルショー

また、この季節がやってまいりました。 28日に日本を発つ予定です。 ブラックヒルズ地質学研究所(BHI)からの招待状 毎年、この時期に送られて来るBHIの招待状には、その年の目玉商品がイラストに使われるので、今年はT-rexとトリケラトプスという久しぶりに「王道」な品揃えになりそうです。 新しいT-rexの標…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

結石破砕

一ヶ月経っても微動だにしない、しつこい石に今日、衝撃波による攻撃を加えました。 虫眼鏡で光を集めるように、ある種の音波を集中させて衝撃波を産み出し、それを体内の石にぶつけて破壊しよう…という試みです。 お腹の中で何かがバッチンバッチン弾ける感じは、最初けっこう気持ちよかったんですが、だんだん痛みに変わってきて…施術後は、もう…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

明けましておめでとうございます。

今年は辰年。実はこのイラストを描いてる段階で、年賀状に使えるなぁ…って考えてました(笑)。 昨年は、恐竜漫画こそイラストくらいしか描いておりませんが、『特攻の拓』関連の出版物では、皆様の厚い支持を頂き、おかげさまで、この出版不況の荒波を乗り越える事が出来ました。 『特攻の拓』新装版、『Early Day's』ならびに…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

新装版『特攻の拓』…その後…

おかげさまで、売れ行き好調の新装版です。 お買い上げ下さっている皆様には心から感謝しております! 編集担当さんの話では、7、8巻の三鬼龍のカバーが好評だったとか…。何枚も失敗しながら、苦労して描き上げた甲斐がありました。 カバーに関しては相方からも1、2、9、10巻以外は全面的に任されているので、苦労しつつもけっこう楽…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

前言撤回

日曜の午後、丹波から戻りました。 土曜日のイベントの後、食肉目哺乳類がご専門の荻野慎太郎先生に誘われて、小田画伯や造形作家の徳川君らによるグループ展に…。 若手アーティストの皆さんとの会食…飲み会…かな?…にも参加させて頂いて楽しい時間を過ごしました。 その夜…です。 京都のホテルで就寝中、腹部の痛みに目が覚めま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

明後日は丹波

19日の土曜日に兵庫県丹波市で開催される「ちーたんの館」開館1周年のイベントに顔を出します。 「ちーたん」ってのは、丹波市で発掘された恐竜を題材にデザインされたご当地のゆるキャラで、「ちーたんの館」は、恐竜をいろんな形で学び楽しむための観光施設…といったところでしょうか? 実は、去年のオープニングイベントの時は、講演やワーク…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

そうそう…

今月号…第7話のおさらいもしとかないと…ね。 今回のボク的拘りは、ちょっとずぅつ若いキャラクターたち…かな(笑)。 ホントは1年でそんなに変わるとも思えないんですが、旧作『特攻の拓』の時、みんな高校生にしては、ちょっと老け顔でしたもんね? デビュー作の『名門!多古西応援団』もそうでしたが、そこそこ迫力のあるキャラク…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

今さら…ですが…

まさに「今更ながら…」…の話ですが、この夏、コミケ等で販売された『震災に負けるな!東日本project』のチャリティー同人誌にイラストを寄稿させて頂きました。 こちらの本です。 『コミケ』…とか言うコトになると、もうボクなんか今や、まるで門外漢…って感じで…。 ロートルのアナログ漫画家にとっては、ちょっと勇…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ブログの更新まで…

「月刊」になっちゃってすみません! 前回の記事に寄せて頂いたコメントに返信コメント入れてたら、途中で拒否られてしまいました。 久しぶり過ぎて、ウェブリブログさんがヘソ曲げたんでしょうか?…んなワケ無いですよね? 未だパソコンの扱い方がよく解ってないボクです。 …で、その中で単行本の著者近影についてのコメン…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

一ヶ月越えちゃいましたね?

「恐竜の夏」は、佐賀県に行ったり、石川県に行ったり、何かと忙しくて、つい…。申し訳ありません! 先月号の裏話も出来ないまま…9月号…ですか。あぁ、龍也くんが活躍する回ですね? そうそう、龍也くんもリョーくん同様、ボクにとっては比較的感情移入しやすいキャラなのに、ある意味「当て馬」的な扱いが多かったんで、旧作ではちょっと不…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

あっという間に…

また、ひと月経ってしまいました。 夏はいろいろ忙しい上に、新装版カバー用のカラーイラストやら、『カブラギ』とのコラボ漫画やらで、大変な此のひと月でした。 …で、中国レポートの前にまたまた『アーリーデイズ』の裏話になっちゃったわけですが、今回は蝉も描かなかったし、拘りどころは、そんなに無い…かな(笑)。 ネズミの骨格…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

中国訪問記の途中ですが…

『特拓アーリーデイズ』第四話目の裏話を忘れないうちに…。 そうそう、今回のように髪が乱れる時のゾーイを想像して髪の長さを決めさせてもらったんですよね。 相方からのリクエストは「三分刈り」「ハリネズミヘア」…ということで、かなり短めのイメージだったみたいなんですが、ちょっとワガママ聞いて頂きました。 サンドバッグ…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

中国訪問

ことの発端は一昨年、千葉大学で開催された古生物学会に久しぶりに顔を出した時のことでした。 福井県立恐竜博物館の柴田さんが、勝山で見つかったイグアノドン類の亜成体の下顎についてポスター発表をされていたんです。 ちょうど我が家には、イグアノドンの発見者、ギデオン・マンテルの伝記として描いた『恐竜発見記ー霧の彼方にー』の執筆中に資…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

原点に返って…(?)

お約束してた『特攻の拓 Early Day's』のおさらい(?)…も一通り済んだので、久しぶりに恐竜の話題を…。 御報告が遅くなりましたが、実は先月、中国に行って来ました。 我が家にあった化石標本を中国の研究機関に寄付しようとしたら、思いのほかオオゴトになってしまって、贈呈式を北京で…とか、ついでに常州で開催されるシンポジウ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

天羽時臣さんの絵

前回、背景用に用意したカットの話が出たので、ついでに…。 話は第一話目に戻りますが… 天羽くんのお父さんが教会の壁に描いた絵です。 聖夜を題材に、東方の三賢人のうちメルキオルを黒人、バルタサルを白人、カスペルを東洋人っぽく描くことで、時臣さんが人種の融和を訴えている…って設定にしました。 メルキオール、バ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

…ってことで、第三話も…

今回の「拘り」どころは、コレまた「どうでもいい」ニイニイゼミ…でしょうか。 この物語は夏いっぱいかかりそうな感じなので、物語序盤のこの段階では真夏よりちょい前くらい?…と考えました。 …ということで、一般的によく使われる真夏のミンミンゼミではなく、もうちょっと前から鳴き始めるニイニイゼミを選択。 ちょっと翅の模様が複雑…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

『疾風伝説 特攻の拓 外伝 EarlyDay's』第二話

ついでなので第二話の話も…。 一話目で単車とその乗り手の話が出たので、扉絵で「音速の四天王」の説明をさせてもらうことを提案。 実は、提案する前に絵を入れちゃってました(笑)。 第二話での絵描きの拘りは一輪の花… 『クーペリア・ペドゥンクラタ』。 日本でも「路傍の花」としてお馴染みのタマスダレに近い種…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

連載も、もう三話目になっちゃいまして…。

しばらく更新を怠っている間に、あっという間に月日は流れて…。 今日の夕方には、もう第六話目のネームの打ち合わせです。 お約束してた『疾風伝説 特攻の拓 外伝 EarlyDay's』制作裏話も忘れないうちにしとかなくちゃ!…と。 …と言いつつ、もう一話目を描いてたのは、遥か昔…って感じですけど…(笑)。 そうそ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

言葉が見つからず…

ブログの更新が出来ませんでした。 新連載第一話が掲載され、皆さんに一通り読んで頂いた頃を見計らって、このブログ上でも裏話などしよう…と思っていた矢先の大震災でした。 言葉を失う…とは、まさにこんな時に使うのでしょう。 先日、来月号に載せる作者コメントを求められた時も悩みました。 「被災された皆様には謹んで…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

大事な告知を忘れてました。

月刊ヤングマガジンの次号予告をご覧になった方は御存知かと思いますが、新連載の題名が… 『疾風伝説 特攻の拓 外伝 ~Early Day’s~』 …と決まりましたので、遅ればせながら御報告させて頂きます。 とってもわかりやすいけど、ちょっと長い…ですね(笑)。 こちらのブログ内では、『ぶっ拓 ED』…とでも呼びまし…
トラックバック:0
コメント:38

続きを読むread more

1月6日の『アメトーーク』…

見損ねてしまいました(泣)。 ハライチの澤部さんが「『特攻の拓』大好き芸人」の企画をプレゼンテーションして下さったそうで…。 『ゆめぎんが』でお世話になったスタッフさんからメールで教えて頂くまで、すっかり忘れてました。 週刊少年マガジンから、ちゃんと連絡は入ってたんですよね。 絵の使用許可とか出す必要があるんで……
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

とうとう大晦日

今年も一年、お世話になりました。 『AL』を応援して下さった皆様に感謝! 次回作に期待下さっている皆様に感謝! 恐竜漫画は描けそうもありませんが、来年も所十三の漫画を宜しくお願いします。 それから、今年、恐竜関係のイベント等でお世話になった皆様にも感謝! 来年は、国立科学博物館はじめ、全国で恐竜イベ…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

2010ヤングマガジン忘年会

例年は、編集部の垣根を取っ払った「交流会」という形で大規模に開催されて来た講談社男性漫画誌の年末パーティーですが、今年は編集部ごとの忘年会となりました。 長引く不景気から経費節減の意味も…というのですが、昨年この形にした他社は、各編集部の支出を合計したら逆に出費が嵩んだ…という噂もあり、講談社としても「お試し期間」…といったと…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

年越し前に御礼をひとこと。

いよいよ年末、渋谷から乗ったバスが、ずいぶん空いてました。 帰省に伴い東京の人口が一時的に激減するこの時期が大好きです(笑)。 27日の夜は、講談社のヤングマガジン編集部主催の忘年会があったので御挨拶に伺いました。 来年3月からの新連載は、こちらの月刊誌『月刊ヤングマガジン』で…ということになりまして…前回、大変なご反…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

次回作は恐竜じゃなくて龍…

来年の春からの新連載を予定している次回作の打ち合わせを終え、終電で帰って来ました。 一話目の原稿は、今月初めに出版社さんに納めて、今日は、二話目のネームの打ち合わせです。 恐竜ではありませんが、ちょっとだけ竜がらみ(笑)。                                           …
トラックバック:0
コメント:101

続きを読むread more

『おまえうまそうだな』の宮西先生

10月に映画が公開された人気絵本『おまえうまそうだな』の作者、宮西達也先生が、ウチの仕事場に来て下さいました。 コメント欄に書き込まれた方もいらっしゃいましたが、一部ネット上で流れている噂を気にされて、わざわざ足を運んで下さったようです。 チャンピオン編集部を通して、お話があった際、こちらは気にしていないので、先生も気になさ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more