所十三の「恐竜漫画描いてます」

アクセスカウンタ

zoom RSS 2010夏の総ざらいー唐津編ーその3ユウレイダコ

<<   作成日時 : 2010/09/14 01:22   >>

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

唐津での宿泊先「シーサイドホテル」は砂浜に面して建ってるんですが、この砂浜に大量のユウレイダコ(正式にはムラサキダコと言うそうですが…)が打ち上げられていました。







画像

浜辺に打ち上げられたユウレイダコ







ホテルの方に訊いたら…「6年勤めていますが初めて見ました。あれってイカじゃないんですか?」…という返事が返って来たので、「頭(ホントはお腹)の先が尖ってるからイカに似てますが、ユウレイダコってヤツだと思いますよ。」…と教えてあげました。

珍しい事みたいなんで、ちょっと嬉しくなりました(笑)。

よく見ると海の中にも沢山、まだ生きてるヤツが泳いでて…






画像

泳ぐユウレイダコ。






漏斗から海水を吹き上げて泳いで行くのもいますが、あまり元気はありません。

打ち上げられちゃうのも時間の問題…って感じです。

泳いでる時は短めのマントですが、波に巻かれたりして刺激されると、スルスルとマントを伸ばします。






画像

海藻のように見えるマントを広げ、なびかせるユウレイダコ。







時々、タコ特有の粘り気のある墨で煙幕を張るのもいました。

この粘り気が、イカスミみたいに料理に使えない理由だそうですね。

ところでこのマント、ワカメみたいに見える部分がほとんどなんですが、部分的に虹色に輝く模様も付いていて、けっこう綺麗だったりもします。








画像

この画像だとわかりにくいんですが、実際は構造色的な虹色に輝いていて、曜変天目茶碗(稲葉天目)を思わせる輝き……と言ったら…ちょっと言い過ぎ…かな?…やっぱり…(笑)。







…で、このマントに隠しつつ抱えてるのが、実は彼女達の卵です。

つまり、ここに打ち上げられてたのは、みんな雌なんですね。

…なんでも雄は数センチしか無いそうで…。







画像

お腹の下の卵塊が見えます。







でも、このマント。けっこう厄介な代物で、ねじれるとかなり丈夫な紐と化して、周りの生き物を道連れにしちゃうんです。

…まぁ、意図的ではないんでしょうが…。







画像

ユウレイダコのマントにからみつかれ瀕死のカニ。






このカニを自由にするのには、かなり時間がかかりました。…親切は通じず、何度彼のハサミに挟まれたことか…。

甲羅にも鋭い棘があるし…。







画像

自由になったカニ。






なかなかカッコ良いカニでした。なんて名前なんでしょう?

脚の先の形がハサミ以外みんなオール状になってるので、泳ぐのが得意なカニなのかと思ってたんですが、離したら、その脚を器用に使って砂の中に潜り込みました。

多用途に使える、便利な脚みたいですね。






月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
面白い 面白い
驚いた

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
スポーン以外のアメコミヒーローを漫画に描けるなら誰をかきたいですか?。バットマン、スーパーマン、エックスメン、スパイダーマン、アイアンマン、ファンタスティックフォー、キャプテンアメリカ、ゴーストライダー、パニッシャー、ハルク、デアデビル、僕としては所先生にヘルボーイを描いてほしいです。
山田与作
2010/09/14 21:21
>山田与作さん

アメコミですかぁ…ずいぶんご無沙汰しちゃってますねぇ。

一度痛い目に合うと、けっこう厳しいんですよね…精神的に…恐竜は別ですけど…(笑)。

…でも、やっぱりバットマンですかね。

昔、漫画ゴラクで描いた『正義の鬼 艮』なんか、かなりリスペクトした作品ですもんね。…知ってます?

あとねぇ…実は、アメコミ調の『黄金バット』…って描けないもんだろうか?…って考えたことありますね。

っぽくありません?スカルヘッドにマントですよ!

しかも敵の「ナゾー」はなんでもナチスドイツの生き残りだとか…。

ボクが知らないだけで、誰か描いてるのかなぁ?
所 十三
2010/09/14 23:15
ユウレイダコは1度だけ打ち上がった死体を見たことがあります。これだけまとまって打ち寄せられるのは海流とか風の具合なんでしょうか?セグロウミヘビもたまに集団漂着して神社に奉納されることが有るらしいですけどよくわかりません。
ところでカニはキンセンガニだと思います。
モルモル
2010/09/15 23:32
ユウレイダコ、初めて見ました。
「黄金バット」私も好きです!ナゾーの秘密を知って驚きました!
助けたカニは、きっと「DINO2」のアンキロサウルスみたいに、所先生に恩返ししてくれますよ!
龍の夢見る鳥
2010/09/16 18:46
>モルモルさん

身が柔らか過ぎて美味しくないと聞いてますから、マンボウみたいに海流まかせの漂流性のタコなんでしょうか?

カニ情報もありがとうごっざいました。間違い無さそう
ですね。


>龍の夢見る鳥さん

ナゾーの秘密は、実はこの九州旅行で知りました。…そのうち記事にしますね。

カニの恩返し…ですか…。ハサミ使いがやたら上手いアシスタントが来たら、ちょっと注意してみます(笑)。
所 十三
2010/09/16 18:57
あれ、変な日本語になってますね。改行も…。

あらためまして

>モルモルさん

カニ情報、有り難うございました。キンセンガニ、確認しました。

ネット情報によれば「挟まれるとかなり痛いので注意」…とか…ハイ。経験いたしました(笑)。
所 十三
2010/09/16 23:49
2010夏の総ざらいー唐津編ーその3ユウレイダコ 所十三の「恐竜漫画描いてます」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる