所十三の「恐竜漫画描いてます」

アクセスカウンタ

zoom RSS 『おまえうまそうだな』の宮西先生

<<   作成日時 : 2010/11/24 17:36   >>

ナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 8

10月に映画が公開された人気絵本『おまえうまそうだな』の作者、宮西達也先生が、ウチの仕事場に来て下さいました。

コメント欄に書き込まれた方もいらっしゃいましたが、一部ネット上で流れている噂を気にされて、わざわざ足を運んで下さったようです。

チャンピオン編集部を通して、お話があった際、こちらは気にしていないので、先生も気になさらぬようお伝えしたのですが、律儀な先生は、とにかく経緯をご説明されたいということで…。





画像

せっかくだからサインもらっちゃいました。


画像

かわいいでしょ?




『おまえうまそうだな』の企画が1998年には決まっていた証拠として、当時の日付けの入った紙の裏に描かれた「ティラノサウルスのおとうさん」の絵が、出版された絵本のページと構図も絵もほぼ同じ…

…という証拠までご持参頂いたのですが…まぁ、そんな仕事上の面倒くさい話より、恐竜の話の方が楽しいですよね。…もともと裁判沙汰にしようとか丸っきり考えてないんですから。

ほとんどの時間は、部屋にある標本の説明や恐竜談義に費やされました。…というより、例によってボクが一方的に自説を披露してただけ…って感じでしたけど…(笑)。

本題は2時間近く経ってからのほんの数分間じゃなかったでしょうか。

まぁ、ボクも聖人君子じゃあないので、同じ恐竜を題材にした、よく似たコンセプトの作品が、ずっと高い価格で30倍以上も売れてる上に、アニメ映画化までされて…なんて話を聞けば、そりゃあ羨ましいし、妬ましく感じないわけじゃありません。

…でもねぇ、此処でボクがゴネたところで恐竜業界(?)にとって何の+にもならないでしょ?

ボク(『DINO2』)が『おまえうまそうだな』の真似をした…とさえ思われなければ、それで良いかと思います。

ボクが恐竜漫画に携われない間、ここはひとつ先生に頑張って頂いて、恐竜のメジャー化に尽くして頂いた方が、よっぽど先々何かを生み出す可能性があるんですから。

目先のプライドより、未来を見据えた『戦略的互恵関係』…ってやつですか?…互恵になる保証はありませんけど…(笑)。

このシリーズは、まだまだ続くというお話でしたので、まだ出てないというエドモントニアとドラコレクスをお勧めしておきました。








画像


ちなみに、『おまえうまそうだな』や水嶋ヒロ(齋藤智?)さんのデビュー小説でも話題になったポプラ社さんは、小田隆さんの『ヴェロキラプトルーはねのある小さな肉食恐竜ー』や『アパトサウルスーかみなり竜のくらしー』といった恐竜関係の良書も出しています。

これからもますます恐竜本に力を入れて欲しいものです。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 20
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
かわいい

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
恐竜作品の作家同士で、宮西達也先生とのお話、楽しく読ませていただきました。

宮西先生の描かれる絵本は、独特の可愛いデザインの恐竜たちからは、想像もつかないほどの切ないエピソードが多いのが印象的ですよね。

でも、所先生の「DINO2」のウマソーも、ウマソーとティラノサウルスのお嬢、トリケラトプスの親父さんとの血縁を超えた親子愛や、お嬢と親父さんとの友情を上手く描いているという部分で、宮西先生の作風では描ききれない優れた魅力があります。
所先生は、作品中で、よく味わい深く魅力的なお年寄りの恐竜キャラを多く生み出してきてますよね。
先日、所先生と先生の御爺様の楽しいエピソードを聞かせていただきましたが、きっと所先生のそうした経験が、主人公と周りのお年寄り(大人)恐竜たちとの心温まる関係を描く上で、基礎となってきているように思います。
恐竜に関西弁などをしゃべらせて、読者により親しみやすくされた工夫を試みていらっしゃる部分も、もっと評価されていいと思いますよ!
龍の夢見る鳥
2010/11/25 02:07
良かったです!!
お話ってモチーフよりもキャラクターやストーリーの方が重要ですものね
暖かいお二人の先生の対談の様子を読ませていただいてこちらまでほっとした気持ちになれました。
ありがとうございます
ピカイア
2010/11/25 15:06
なんだか夢の対面といった感じですね。
同じ恐竜題材でも想定してる読者層が異なるかと思うのでそれぞれのニッチで活躍していただければ一読者として喜ばしいことです。

いっそこれを機にポプラ社からリアル路線での恐竜漫画を不定期刊行なんてオファーが舞い込んだらなんてことを期待。。
K−1
2010/11/26 12:55
こんにちは。
宮西達也先生、良い感じの方なんですね。
そして・・・
やっぱり恐竜つながりの良い話になったみたいでよかったです。
私事ですが当ブログでも「おまえうまそうだな」紹介してたし・・・。

そして来春からのお仕事も、楽しみにしてます。

りゅう
2010/11/28 08:21
お久しぶりです。長らくご無沙汰していて済みません。
お二人のお話が深刻なものにならず、楽しい恐竜談義となったというのは喜ばしい事です。
アニメ映画化決定とは、児童向けの本としてなら恐竜本も売れるのですかね。
でも私は特に『Dino2』における時代の流れに抗うことを決意したポストスクスのような、、より高い年齢層向けのエピソードも読みたいです。それは絵本では描ききれないものだと思いますから。

しかしヴェロキラプトルもまた随分と派手なメークがなされるようになったものですね。
古生物大好き
2010/11/28 22:40
そうでしたか。とにかくよかったですね。宮西さんの作品は「あるひおねえちゃんは」からずっと見てました。今から十年ほど前、近所の図書館に(福生市)講演会に来た事あって、ちょっとだけ話したの覚えています。(うまそうが出る以前)
キケロ
2010/12/10 12:34
ともかく、そんな大問題にならなくてよかったです。しかし盗作だのって何を今さら.....。って感じですよね。私はとっくに気になってましたけど。  

ポプラ社と言えば「恐竜の時間」と言う漫画もやってましたが、こちらも今となっては全話単行本化されなかったのが悔やまれてならないですね。
キケロ
2010/12/20 18:11
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/animovie/1275824845/693

いまだにこんな事を書き込んで、みんなを悲しい気持ちにさせる人がいるので、
どうかご本人から直接一喝してやってもらえないでしょうか?

2011/01/27 01:39
『おまえうまそうだな』の宮西先生 所十三の「恐竜漫画描いてます」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる