所十三の「恐竜漫画描いてます」

アクセスカウンタ

zoom RSS ご無沙汰してます。

<<   作成日時 : 2012/04/11 17:52   >>

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 6

最近、新しくしたパソコンが、使いこなせてません。

仕事明けの今日は、チーフに教えてもらうことも出来ず四苦八苦してます。

画像
えっと…これは新装版17巻のカバーになるのかな? 








さて、現在、大阪大学の総合学術博物館で開催中の特別展『巨大ワニと恐竜の世界』で、5月3日に予定されているワークショップを担当させて頂くことになりました。


画像
内覧会で解説をつとめられた小林快次先生のお話




丹波でのワークショップでもお馴染みの…アロサウルスの頭骨イラストを元に、トレーシングペーパーを使って復元図を描く…という、徳川広和先生考案のメソッドを活用しながら、ワニと恐竜についてお話させて頂こうと考えています。

本物の化石や動物骨格に触って頂きたいので、対象を小学5年生以上…にさせて頂きました。保護者同伴は自由です。

参加者の皆さんには、週刊少年チャンピオンで連載していた『AL』の中から、ワニと恐竜の戦いの場面を選び、当時下描きとして描いた原稿(鉛筆描きのもの)をプレゼントさせて頂こうと思います…もちろん、欲しい方には…ですけどね(笑)。

各回、定員20名様…なので40枚…か。そんなに在ったかな?下描き…。足りなかったらジャンケンにでもしましょうか?

現在、参加者募集中…だったかと思います。偉い学者先生の講義ではないので、気軽に御参加下さい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 14
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
 5月3日ですかぁ。僕も参加したいのですが家の都合で参加できません。クラブの集会でまた詳しくお話しくだされば、と存じます。
 さて、しばらくご無沙汰いたしておりましたが、先生もうぐあいはよろしいでしょうか。結石は痛みませんでしょうか。僕は学年末に文字通り死ぬ気で勉強し(自分で言うな、こら)何とか進級できました。春休みはしょっちゅう御船の博物館に通い、池上先生の計らいでクリーニングの手伝い(カメの腹甲?)もできました。ついでながら博物館においてあった意見や感想を書くためのノートに恐竜漫画を描いたのですが、割合好評であったようです。
 ついでながら、先日拓の最新刊を拝読しました。天羽が龍をよぶ場面は何度読んでも背筋がぞくぞくします。僕は、彼が当初あまり好きではなかったのですが、精神的にかなり不安定ですぐ暴れだすことや自分の生きる意味を求め続けていたことをしると図らずも、自分自身を見ているようにも思えてきています。これからどんな人物が登場し、拓がいかにかれらとかかわるか、大変楽しみです。ウィキペディアで調べたところ、大珠(上の絵の人ですね?)と来栖はとても興味深いキャラクターですので是非早く登場してほしいです。
足立瑛彦
2012/04/15 10:00
 余談ながら、先日発見されたユウティランヌス・フアリがこの夏幕張にやってくるそうです。恐竜倶楽部のメンバーで見学に行く計画があれば非常にうれしいのですが。
 加えて、ロッキー博物館主催の「恐竜の成長」も今夏、なんと熊本にやってくるそうです。それに先立ち、御船にロッキー博物館の学芸員であるパトリック・レイジー氏が講演にいらしたのですが、僕が熊本に帰ってくる一日前にはもう帰国されておいででした。恐竜展開催期間中にはホーナー博士の講演会もあるらしいので、できる限り拝聴してきたいと思います。先生もご拝聴なさってはいかがでしょうか。
足立瑛彦
2012/04/15 10:13
大阪大学総合学術博物館の待兼山修学館で6/30まで開催されている「巨大ワニと恐竜の世界」を観てきました。

「AL」でも登場したディノスクスと含む巨大ワニ達の標本と、同じ時代に生息した恐竜たち(スコミムスやアマルガサウルス)の標本など、一ヶ所で観ることができて、さらに地元で発掘されたマチカネワニの標本常設展示も楽しめるので、中生代の同じ時代を生きた恐竜vsワニ類両者の違いと、恐竜絶滅後の両者の進化がたどった違いを観察・勉強するには、これでもかというくらいに良い標本が揃った貴重な機会だと思われますので、関西一円にお住まいの方はもちろん、他府県からの古生物ファンの方たちにも是非おすすめしたいです。
大学キャンパス内にあるので、グッズを売っているコーナーの横が学生食堂兼カフェになっているので、ついでに機会があれば食事を楽しむのも良いかもしれません。
スピノサウルスやスコミムスは、ワニ類と生息環境が似通っているために、ニッチをあらそっていた様子について、所先生のDINODINOに描かれていましたね。あの頬欠御爺のエピソードを思いだしながら、展示を観てまいりました。
龍の夢観る鳥
2012/04/20 01:39
はじめまして!
随分以前からのファンですが、少しお伺いしたいことがあります。
パチスロにて特攻の拓を開発中との噂を聞きました。

パチスロファンからは随分前から要望の高かったコラボなんですが、本当なのでしょうか?

また、ハードなファンとしては開発メーカーも気になります。

ヘタなメーカーには作って欲しくないですもん(笑)

差し支えない程度で結構ですのでよろしくお願いします。

本当なら実機購入っす〜!
わら丼
2012/05/15 02:07
 今週末、東京国際ミネラルフェアがございます。先生もおいでかと存じます。僕は…勉強してから行きます。その予習のため、恐竜パンテオンで予習をしておりましたら、99年6月のミネラルフェアで、アンキロサウルスの全身骨格が展示された、と説明がありました。(2.215万円なり)しかしアンキロサウルスの全身化石が今までに発見されたとは寡聞にして存じませんが…(DINO2にも記述はありませんでした)先生は何かご存じでしょうか?もしこの話が本当ならばすでに科博か御船の博物館にわたっているはずですが…(池上先生ならばそうなさるはずだ)。ご存じの限りでよいのでお教えください。
足立瑛彦
2012/05/28 16:09
京都国際マンガミュージアムにシャドウズオブスポーン1〜2巻を寄贈しました、ミュージアムでは黄金バットの紙芝居もしています、ミュージアム一階のマンガ万博にある「バットマンvSプレデター」(日本語版)というアメコミは僕がまんだらけ梅田店で買って寄贈したものです。
山田与作
2012/06/17 12:10
ご無沙汰してます。 所十三の「恐竜漫画描いてます」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる