何か紫寄りだ…。

このゴールデンウィークに合わせて(早くて5月2日頃、地方でもG・W明けには…)
『comic恐竜物語』の第3巻ーヴェロキラプトルのいた時代ー
が発売されるんですが、そのカバーデザインが偶然にも、また…

画像
         ……紫基調…(笑)。

隣にあるグッズは先日、初参戦させて頂いたモノノフの皆さんのオフ会で頂いた品々です。

ペンライトは、あーりん推しの方がわざわざ作って下さった手作りの逸品。いくら「箱推し」を表明していても…お見通し…ということでしょうか?…(笑)。

こちらのブログの記事に共感して頂けた…ということでお招き頂いたので、心配はしていなかったのですが、皆さん新参者のボクを本当に温かく迎え入れて下さって、楽しいひと時を過ごすことが出来ました。

やはりモノノフは、想像していた通りの「熱さ」と「優しさ」を兼ね備えた方が多いようですね。

そして、比較的「特攻の拓」の世界観に対する親和性が高い…(笑)。とても有り難いことです。

もちろん、あくまで「比較論」…ですけど…ね。

年齢的にも性格的にも、今から皆さんのようなモノノフを目指すには、かなり困難を伴いそうですが…(笑)、まぁ、焦らず少しずつ修行を重ねて行こうと思っています。




画像
 コンクリートの隙間にしっかり根を張り、花を咲かせた紫の立浪草

残念ながら、我が家の屋上を席巻してるタツナミソウは白花種…いろんな鉢植えの根元で「白波」を立てています。